耳だけ茶色い白柴「ぱん」(♀)7才とフルタイム共働き夫婦の生活です。


by panmatsuri (ぱん父)

プロフィールを見る
画像一覧

Profile

ポチっと押して頂けると更新の励みになります!↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

※現在多忙につき不定期更新です。コメント欄のお返事もできませんがご容赦くださいませ。

ぱん
2010年2月7日甲西楓荘生まれ。山梨から東京・キャマタに。食パンを思わせる白い体と茶色い耳から、「ぱん」と命名されるも日に日に茶色くなっていく白柴(♀)


クリーム:(クリ)

2015年3月に家族になった長毛スコ。猫カフェ上がりの保護猫です。毛むくじゃらのびっくり顔(5歳♀)


おとん:(ぱん父)

ぱんの写真係にしてブログ管理人。虫マニアです。

おかん
ぱんの総責任者にしてご飯係。


* * * * * * * 
初めての方は、すぐ下にある「よりぬき★」からドーゾ!反応の多かった記事をより抜いてあります。

最新のコメント

パンさん無邪気ですね♪ ..
by tasukeai-maki at 23:39
パンさんほんとかわいい❤️
by りん。 at 16:25
パンさん、良いお顔してま..
by tasukeai-maki at 20:49
ど迫力の大あくび。 ぱ..
by 梅枝老 at 06:39
徐々に徐々にで良いと思い..
by tasukeai-maki at 17:07

最新の記事

冬ですなー
at 2017-12-11 09:53
秋深し
at 2017-12-04 09:51
回復期
at 2017-11-27 09:50
一週間後
at 2017-11-20 09:51
長い夜
at 2017-11-13 09:52
ワンワンワン
at 2017-11-06 19:35
一個でいいよ
at 2017-10-30 09:56
at 2017-10-23 09:46
チャリティーカレンダー201..
at 2017-10-16 08:54
うちのねこ
at 2017-10-10 09:46

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

よりぬき★
きょうのぱんさん
クリーム(猫)
保護猫
びょうき
そのほか
ぼうそうぞく
モンちゃん
ともだち
おでかけ
おぼえがき
ごあいさつ
おやくだち
ぱんとクリ

外部リンク

フォロー中のブログ

アトリエkotori*の...
幻に魅せられて…
☆ねこにはかなわぬ☆
四国犬 テツカナ今日この...
マトリョーシカ
かぼすちゃんとおさんぽ。
よく晴れた雨の日に。
母のひとりごと
てんてんinformation
nutsbon!!
5丁目の小梅さん
飛倉舎
私のひとりごと
ピッタンのほぼ上出来
でん、でん、でん。。。。
オーク、熟成中
写心食堂
トチノキの詩

ブログジャンル

犬
カメラ

twitter

検索

ファン

記事ランキング

画像一覧

一週間後

先日の記事へのコメントありがとうございました。
当日の更新だったので詳しく書けませんでしたが、ちゃんと報告しますと

11月13日月曜日の午前1時40分に、闘病中だった母が亡くなりました。享年76才でした。

危篤の連絡を受けてから急いで施設に向かったのですが、兄も私も最後の瞬間には間に合わず…最後の駆け足はあまりにも早かったです。

翌日火曜日に母の遺志に従い、最小単位での火葬式で見送りました。納棺師の方に体を清めてもらい、何度もお見舞いに来てくれた母の友人にも参列してしてもらい、ごくごく内輪の式ながら、良い雰囲気で終える事ができました。
そもそも母の希望で、尊厳死→式は一切不要→海洋散骨と言い張るのを、お別れの会だけは1日やらせろ!親父が死を受け入れなかったらどうすんだ!と説得して準備しておいたんですよね。なかなか頑固な母でしたが、エンディングノートとか用意しておいてくれたのですごく助かりました。

20歳で家を出てから、実家には年に1〜2回顔を出すくらいの疎遠な関係でしたが、母が医師に宣告を受けてからのここ2年は、70km離れた実家へほぼ毎週末帰っていました。

本人は一人暮らしをして、また自分の足で歩いて買い物に行って父のご飯を作りたい、と思っていたに違いありませんが、その希望も虚しく、電話がかけられなくなり、声が出なくなり、歩けなくなり、食べれなくなりました。

10月、久しぶりに会話が成り立った時の最後の会話は「ありがとう、もう来なくていいよ」
いつも人の心配ばかりして自分は後回しの母らしい言葉でした。

今日で1週間がたちましたが、亡くなった直後よりも、胸ががらんどうな感じとでも言うのでしょうか、ぼんやりとやる気の出ない日々を送っています。

このブログの読者の方にも大変ご心配おかけしました。
これからは施設に入っている父の世話と、実家の片付け~処分が待っている(だるい)ので、まだまだ介護ロードは続きますが、何卒よろしくお願いいたします。

ぱんさんとクリは元気すぎるほど元気です。
d0215369_10002859.jpg
d0215369_10003139.jpg
d0215369_10003592.jpg
d0215369_10003885.jpg
d0215369_10004150.jpg
d0215369_10014672.jpg
d0215369_10015315.jpg




by panmatsuri | 2017-11-20 09:51 | そのほか | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://panmatsuri.exblog.jp/tb/26159918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-11-20 10:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-11-20 11:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tasukeai-maki at 2017-11-20 14:47
ぱんさん、クリさんのあどけなさに癒されますね!
しばらくはお気持ちの整理なども大変かもですが、
お母様のことを思い返すのも良いと思います!
泣くのも良いと思います!私は父が亡くなった時、
泣けないまま長い月日を過ごしました。数年経っても
なかなか泣けず、ある日ひょんな事で父の事で号泣
したら、それ以降普通に過ごせる様になりました。
なんの慰めにもならないかも知れないですが、、、
Commented at 2017-11-20 15:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-11-20 23:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2017-11-21 20:11 x
お疲れ様でした。
私も母を8年前に亡くし、徐々に弱ってはいて
いつその時が来てもおかしくないと言われつつも
61歳だった母は弱ってはいても体力があり、またこれが
でっかい体の頑丈な人だったのですが
旅立った時はあっという間で、フッとロウソクの火が消えるように
あまりにも突然あっけなく逝ってしまいました
誰もその瞬間に間に合わなかったのも、来るのが遅いだ何だと
ケンカにならないように母がそうしたのかなとも思います
やれる事からやっていきましょう、ご無理なさらないで下さいね
Commented by 黒柴さくら at 2017-11-22 22:14 x
ヾ(。'(エ)'。)ゞドモドモ♪
ご無沙汰しております☆
私も実母を今年の1月に亡くしました。
病院の検査入院中に夕飯食べた後に次に病院スタッフさんが見ると心肺停止状態で、そのまま亡くなるという急展開な感じで64歳の誕生日を迎える数日前に亡くなりました。火葬の空いてる日が最後の誕生日でしたので、お花畑に寝てるようなイメージでお花を増量して最後のプレゼントを入れてお見送りしました。海近いので海洋散骨にしました。父を追いかけていったんだなーって思っています。
ちょうどいま喪中ハガキを書きつつ ブログチェックして、思わずコメントしたくなり書いています。
自分のブログは更新停滞気味なのに~w
パンさんとくりちゃんともふもふして癒されて下さいね
私も咲桜とあずに毎日癒されて過ごしてます。
Commented by panmatsuri at 2017-11-27 07:28
たくさんのコメントありがとうございます。
知り合いの方が「寝たきりで話せなくても、お骨になってしまうのとは全然違うのよね」と仰っていて、まさにその通りだなあ…と噛み締める日々です。
長い介護だったのでそれなりに覚悟はしていたはずなのに、喪失感というのは大きいものですね。
とは言えじょじょに回復してきてるので、意外と落ちこまずに年を越せそうです。ご心配おかけしました。